手汗 対策

手汗対策の方法と原因に関する知識

手汗対策と多汗症

手汗対策について見ていきたいと思います。

 

人間は温熱性発汗と、精神性発汗と言う二つの発汗作用を兼ね備えています。
その二つが程よく作用して、体温の調節などをしてくれます。

 

その作用により、私たちは毎日快適に生活を送ることが出来るのです。

 

しかし、通常の汗の量とは比べ物にならないくらい汗をかく人もいます。
そんな症状を多汗症といいます。
多汗症の方の中には手のひらに大量の汗をかいてしまい、
なかには滴り落ちるほどの汗をかく人もいます。

 

そんな手のひらの過剰な汗の分泌は、手掌多汗症といいます。
手掌多汗症は、精神的不安やストレスなどが原因で発症することが多く、
交感神経に大きく関係してきます。

 

手のひらに汗をかくことにより、神経質になります。
そして神経質になればなるほど、恥ずかしさや緊張感が高まり、
周りに知られないように・・・という不安感が出てきます。

 

そういった考えから交感神経が過敏になり、自律神経の乱れが引き起こってくるのです。
手掌多汗症にはこういったことがとても多く関係していますので、
ストレスのかからない環境に帰ることが大切です。

 

手汗が気になると通常は、ハンカチやタオルなどで汗を拭きますね。
脇汗とおなじように手のひらに制汗スプレーを利用する方もいるようです。

 

しかし、手汗の原因は前途したように精神的なものが大きな要因となりますので、
日頃からの生活習慣や生活環境を改善することを考えると良いでしょう。

ホーム RSS購読